派遣会社から運転手の派遣を依頼することのメリットについて。

時期に合わせて雇う人数を調整できる。

職業としての運転手は、トラックや宅配のドライバーや、バスやタクシーの運転手などさまざまな場面で働いています。このような運転手は、派遣会社から依頼して仕事をしてもらうことが可能で、さまざまなメリットがあります。運転手は、お中元やお歳暮など贈答品の配送の機会が増えたり、長期休暇などで多くの人が旅行に行ってホテルなどでの送迎が増えたりするような時期には、人手が通常より必要であったりするので、そのような時期に依頼することができます。

専門の運転免許を持った人を採用しやすくなる。

運転手として働くためには、普通自動車運転免許を持っていることが最低条件となりますが、乗る車の種類や業務内容によっては大型自動車運転免許や、第二種運転免許などが必要な場合もあります。運転免許は、すぐに取得できるものではないため、仮に今働いている、専門の運転免許を持った従業員に欠員が出た場合で、多忙な時期などにおいて専門の運転免許を持った人員が確保できない時に、運転手の派遣会社に依頼することが可能です。

経費を削減することができる。

運転手を派遣会社に依頼することによって、人件費は大幅に削減することができます。自社で採用した場合には、給料だけでなく、福利厚生や退職金なども支払う必要がありますが、派遣会社から派遣された運転手に対しては、派遣会社が給料などを支払うため、依頼した会社は運転手には直接給料などを支払うことはありません。また、運転手を採用するためには、求人を広告などで出したり、採用活動をしたりとお金も時間もかかってしまいますが、それらも不要になり、経費節減ができます。

運転手の派遣は直ぐに現場で活躍が出来るような各種のドライバーを用意して貰えるので、人手が足りない時に最適です。